6年目を迎えた被災地メンタルヘルス支援活動とJAMSNET東京との協働

鈴木 満
認定NPO法人心の架け橋いわて(こころがけ)
 
 東日本大震災から6年が経過しました。大規模惨禍からコミュニティが復興するには長い年月を要します。複合的な喪失体験が個々の人生に開けた空洞はあまりに大きく、一度分断された地縁・血縁・職縁は新しい町並みができてもなかなか元に戻りません。阪神・淡路大震災の場合、震災後20年が経過した現在でもメンタルヘルスの問題を抱えた住民が多数存在すると報告されており、ニューヨークで発生した多発テロ事件の被害者および遺族のメンタルヘルスケアを行っているマウントサイナイ病院では、事件後10年以上が経過しても新たな受診事例があるとのことです。
 JAMSNETでは、2011年の震災直後からニューヨークと東京の両JAMSNETが緊密に連絡を取り合い、被災地への長期的メンタルヘルス支援を日米協力して行うプロジェクトを立ち上げました。支援対象となったのは岩手県大槌町です。町から海を臨むとひょっこりひょうたん島のモデルとなった蓬莱島が見えます。大槌町は、震災前から精神医療資源が寡少であり震災により壊滅的な津波被害を受けました。震災前からのメンタルヘルス需要に加えて、震災に伴う新たな需要が生じたものの、それらに対応できる専門家が全く足りませんでした。今も多くの住民が行方不明であり、若年人口の流出が高齢者率の上昇を助長しています。
 2011年6月から日本精神科救急学会、多文化間精神医学会、JAMSNETの有志と共に着手した週末の被災地訪問は、同年12月にはJAMSNETや米国日本人医師会の助けを得て、ニューヨークのJapan Society からの活動助成(3年間)による長期支援の道筋ができました。毎週末に3−4名のメンタルヘルス専門家が全国から交代で大槌町に参集し、被災者宅へのアウトリーチ、現地拠点での相談対応、支援者支援、啓発教育、他支援団体とのネットワーク作りなどの活動を展開しています。本活動は、精神医療過疎地への遠隔支援モデルでもあります。
 活動の中核は予防的啓発教育です。2012年7月に着手したサロン活動は、年間50回ほど実施してようやく地元に根付いてきました。落語、音楽演奏、高齢者転倒予防運動などの企画と医学講話との組み合わせによる、相談行動の促進、高齢者の居場所作り、世代間交流の場の提供などを目的にしています。2016年からは、JAMSNET東京のメンバーによる音楽療法、芸術療法などを取り入れており、JAMSNETからの活動助成も受けています。
 一方、遠隔地からの「出前型」支援は移動に要する負担が多大であり、今後の長期支援をより効率的かつ経済的に行い地域全体のケア能力を高めるには、被災地の伝統文化や行動規範を熟知した現地在住の人材を育成・支援する「地域自立型」支援との協働が必要です。こころがけでは2014年9月から岩手県内の対人援護職を対象に、メンタルヘルス領域の支援者育成研修を16回開催しました。2015年10月にはその中から12名をインターンとして採用し、現在ではサロンの半数近くをインターンが企画運営しています。今後は遠隔会議システム等のICTを使いこなすことで、岩手県在住の支援者と遠隔支援者の連携協働を推進していきます。こころがけでは、共に被災地長期支援に取り組んで下さるメンタルヘルス専門家を募集しています。ご興味を持たれた方はホームページhttp://kokorogake.org/contact/よりご一報下さい。

 こころがけは、Japan Societyの活動助成によるNPO法人としての助走期間を経て、2014年からは復興庁や岩手県などからの大型助成金を獲得し、2015年3月に岩手県で9番目となる認定NPO法人への昇格を果たすことができました。寄付者が税制優遇措置を受けることができる認定NPO法人になるには厳しい審査があり、日本の全NPO法人のうち認定NPO法人は1%程度にすぎません。皆様の篤志を被災地に届けるためのご寄付をお願いしております。詳しくは同じくホームページhttp://kokorogake.org/donation/をご覧下さい。

 

今月のこころがけ 12月号

年の瀬に向かって、色んなことが加速し始めてきたような気がしますが、みなさまの体調はいかがでしょうか。

今日は嬉しいお知らせが舞い込みました。
8月のお知らせで、大槌で医療や福祉への進学を目指す生徒さんたちとお話会を行ったことを書かせてもらいましたが
そのときの生徒さんたちが全員、志望校への推薦入学が決定したとのことです。
将来同僚になるかもしれない若き方々の吉報に、なんだか胸が熱くなって心の中でバンザイ!
震災時は小学5年生、大切な人を亡くしたり、奔走する親の背中を見ながら堪えたことも多々あったことでしょう。
春の門出まで、大切な仲間との時間を、ぞんぶんに愛しんでくださいね。

さて、本日はお願いも書かせていただきます。
出張集団のこころがけが、このように長期活動を続けてこられたのは、多くのみなさまのご支援の賜物です。
しかし、申請可能な助成制度は年々減少し、毎週末の活動が現在は月2~3回になっております。
細くとも長く通い続けて、町の方々と同じ時を過ごさせていただくことを心から願う次第です。

ご寄付のお願いでございます。
本年12月末日までのご寄付は確定申告により税制優遇の対象となります。
お一人3,000円以上のご寄付は、認定NPO法人継続のための寄付者名簿にお名前を掲載させていただきます。
詳細は本ホームページをご覧いただき、どうか、ご協力をお願い申し上げます<(_ _)>

12月のサロン予定

◎12月9日(土)
 ■AM/PM こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
 ■AM 染め物サロン 10:00-12:00 小鎚第17仮設団地談話室
  スタッフ: 村上裕子臨床心理士、米澤慎子保健師

 ■AM/PM モノづくりサロン「カラーセラピー講座」 マストホール 10:00-12:00、13:00-15:00
  講師: 杉田靖子(カラーセラピスト、色彩心理診断士)
  スタッフ: 多田誠、赤崎美枝

◎12月16日(土)
 ■AM/PM こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
 ■AM クリスマス音楽サロン 10:30-12:00 赤浜第3仮設(みかづき団地)談話室
 ■PM ぬくっこ音楽サロン 13:30-15:00
  講師: 藤村かおる
  スタッフ: 山中浩嗣医師、中田信枝看護師、川堀昌樹キャリアコンサルタント、伊藤亜希子精神保健福祉士

※こころがけカフェは原則午前10:00-12:00および午後1:00-3:00にオープンしています。
※金曜は医師が釜石地域こころのケアセンターのストレス相談室、他職種は社協さん等で支援者サポートに従事します。

ご寄付のクレジットカード決済に対応しました

クレジットカードでのご寄付ができるようになりました。一度だけのご支援から月、年単位での継続したご支援まで、ご要望に応じた形でご利用いただくことができます。

また、こころがけへのご寄付は寄付金控除の対象となります。ご不明な点やご質問がありましたらこころがけまでお問い合わせ下さい。

 

ご寄付のお願い

12月のサロン予定

日付 サロン内容 
8日(金) 鈴木(震災ストレス相談室)、村上(かだっぺし)
9日(土) モノづくりサロン@マスト 多田(モノづくりサロン)、米澤、赤崎、宮村、村上
15日(金)  伊藤 山中(震災ストレス相談室)
16日(土) 伊藤、川堀、中田、山中、藤村(音楽サロン)

 

今週のこころがけ 207.11.12号

紅葉がピークを迎えると、タイヤ交換やこたつなど本格的な冬支度について考えるようになりました。
日に日に寒さが増しますが、みなさまの体調はいかがですか。
 
大槌町内の支援団体間の連携がさけばれて久しいですが、その中で、サロン参加費について話題になることがあります。
地元支援者が「被災地のタダ慣れはよくない」と言う背景には、コミュニティの主体性や自立という課題があるようです。
先日、福島の子どもたちの県外体験活動を支援してきた『ふくしまキッズ』の代表の方のお話を伺う機会がありました。
「行きたい子は全員受け入れる。最初の活動で3000人応募があったが、一部自己負担金があると伝えると600人に減った。
なぜ無料じゃないのかと言う親とは話をしなかった」。 親とも責任を分かち合う、5年間首尾一貫したブレない姿勢はすごいなあと感じました。
 
実は、ふくしまキッズとこころがけには共通点があります。発足時、米国の団体からの多額の支援のおかげで出発できたことです!
なにはともあれ、現地の風の流れに敏感でありたいと思います。
 

11月のサロン予定

 
11月11日(土)
◎AM/PM こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
◎モノづくりサロン「プロが教える写真講座」9:30-15:30 マストホール
 スタッフ: 米澤慎子保健師、川堀昌樹キャリアコンサルタント
 
11月25日(土)
◎AM/PM こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
◎ぬくっこ定例サロン 音楽講師:藤村かおる 13:30-15:00
 スタッフ:山中浩嗣医師、福島正樹臨床心理士、赤崎美枝キャリアカウンセラー、川堀昌樹キャリアコンサルタント、宮村妙洋臨床宗教師
 
11月27日(月)
◎第5回職域サロン 「ワークエンゲイジメント講座」
講師:藤村七美シニア産業カウンセラー
18:00-19:30 青葉ビル(釜石)
 

※こころがけカフェは原則午前10:00-12:00および午後1:00-3:00にオープンしています。
※金曜は医師が釜石地域こころのケアセンターのストレス相談室、他職種は社協さん等で支援者サポートに従事します。

 

11月のサロン予定

ポスター用PDFはこちら

日付 サロン内容
11日(土) 9時から16時 マストホール モノづくりサロン「写真撮影テクニック講座」ゲスト講師 坂井良隆
25日(土) 13時半から15時 ぬくっこハウス「ピアノで音楽サロン」ゲスト講師 藤村薫
27日(月) 18時から19時半 釜石青葉ビル 職域サロン「①仕事に恋をする?ワークエンゲイジメント講座 ②お酒と上手に付き合いましょう」講師 藤村七美他

 

今週のこころがけ 2017.10.16号

遠くの山々も徐々に色づき始めて週末からいよいよ冷え込むようです。
みなさまの体調はいかがですか。

先日の福島沖の地震は深夜でした。たまたま屋外に居て、ごぉ~んという地鳴りと携帯のアラートが同時に鳴り
立ち尽くしていたらドカンと短い縦揺れがきました。あわてて車に乗ってラジオをつけてもしばしニュースも流れず…。
アパートに戻り隣の部屋の人の気配を感じるまで、妙に不安で、あれ私、孤立してる?なんて感じたり。
震度5弱の浜の方は長い横揺れだったようですが、こんなとき独居で眠剤服用して熟睡中の人はどうなるんだろうとかあれこれ考えてしましました。

現在、従来の多職種アウトリーチは第2、第4の週末に行うことが多くなっております。
ホームページで早めにお知らせするようにこころがけておりますので、ぜひチェックしてくださいね。

今月のサロン予定

■10/14(土)
AM ①こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
   ②染め物サロン@小鎚第17仮設談話室
PM ①こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
   ②染物サロン@小鎚仮設(まごころ団地)集会所
 スタッフ: 村上裕子臨床心理士、田辺有理子看護師、米澤慎子保健師、川堀昌樹キャリアコンサルタント、伊藤亜希子

■10/15(日)モノづくりサロン「3Dプリンターでアクセサリー制作」@マストホール(9:30-15:30)
 講師: 多田誠(工業デザイナー、家具手加工一級技能士)

■10/23(月)
☆職域サロン「レジリエンスを育てる」@釜石商工会議所(14:00-16:00)
 講師: 藤村七美(シニア産業カウンセラー)

■10/28(土)
AM こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
PM ①こころがけカフェ@旧植田医院仮設診療所
   ②ぬくっこハウス定例サロン(ふまねっと)

※こころがけカフェは原則午前10:00-12:00および午後1:00-3:00にオープンしています。
※金曜は医師が釜石地域こころのケアセンターのストレス相談室、他職種は社協さん等で支援者サポートに従事します。