メンバー紹介

こころがけの活動メンバーを紹介します。(2011~2015まで。2016年以降は編集中。)

精神科医

msuzuki鈴木 満(すずき みつる)

青少年時代を横浜と東京で過ごし、岩手医大では馬術部に所属し馬と共に暮らす。31歳でロンドンに留学。5年間居ても英語は上達せず、好きな映画はミスタービーン。盛岡の中津川を愛し鮭のように帰盛。中年時代から海外在住日本人のメンタルヘルス対策のために世界行脚を始め100都市以上を訪問。もともと犬&馬派だが50歳を過ぎて猫の可愛さに気づいた遅咲きの男。最近になって玄米を味わうことをおぼえた。4年前、訳あって東京に本拠地を移したが、東日本大震災後から週末の軸足を岩手に戻している。心の師は新渡戸稲造先生。
外務省メンタルヘルス対策上席専門官。岩手医科大学精神科非常勤講師。岩手産業保健推進センター特別相談員。多文化間精神医学会在留邦人支援委員会代表。日本精神科救急学会国際交流委員会代表。

長谷川 朝穂(はせがわ あさほ)

名古屋市出身ですが、現在は山形に在住しています。医学部卒業後5年ほど内科の研修を経験しましたが、病める人の心理的な問題に関心を持ち、精神科医になりました。専門はリエゾン精神医学と精神科救急でしたが、近年依存や自殺などの問題に関わる機会が多くなりました。
阪神淡路大震災の際には、被災地の支援に赴き、その経験を役に立てたいという気持ちで、「こころがけ」の設立に関わりました。現在は社会医療法人公徳会米沢こころの病院(以前は若宮病院)に勤務。かつて勤務先ではお昼休みにお気に入りのお菓子を用意してお茶会を開いていたのですが、コロナ禍のため見合わせ中です。音楽が好きで、学生時代は合唱団やロックバンドに所属。2019年には40数年ぶりに再結成した高校時代のバンドでライブしました。https://www.youtube.com/channel/UCJC5hwKmH52COAEB5xdAp4Q

山中 浩嗣(やまなか ひろし)

学生時代に「自分は精神科に向いている」と根拠なく自信を持ち、研修医時代に自信が確信に変わってしまい精神科医になりました。(大いなる「勘違い」ともいえます。)千葉県精神科医療センターにて精神科救急医療に携わり15年以上となりますが、日々楽しみながら診療しています。成田空港が守備範囲であることから、日本に在住・滞在している外国人や、海外に暮らす日本人の心の問題にも関わっています。
1996年、ピナトゥボ火山噴火(1991年)による被災地を訪問し、人々の関心が薄れた数年後も、広大な土地が土砂で住めなくなっていく現実を知ったことが、被災地長期支援や文化間の問題に関わるようになった原点です。

臨床心理士

村上 裕子(むらかみ ゆうこ)

普段は会社員を対象としたカウンセリングや心の健康に関する研修、会社の人事や上司への相談対応を行っています。その他には、予備校生へのカウンセリングや、海外に住む日本人、日本に住む外国人への支援を行っています。
個人個人が持っている力を引き出す作業や、集団の持つ可能性を広げるようなネットワーキング支援ができればと考えています。
好きな物は、海と山と、飲むこと食べること。ダイビングやカヤックを旅先で楽しむのが趣味です。土地土地の美味しい物に出会うと、なお幸せになり、家でも作ってみたくなります。将来は、自分で焼いた器で、美味しいものが食べられたらいいなと思います。
苦手な物は納豆。がんばりましたが、克服できません。

福島 正樹(ふくしま まさき)

埼玉県生まれ、18歳で渡米し遊学。25歳でITの会社に入社するも激務で3年で退社。しかしもともとやりたかったカウンセラーを志し、意を決して大学院へ入学。卒業後は都内にある精神科「めじろそらクリニック」でカウンセリングを行っています。
専門領域は多文化間精神医学、異文化不適応です。クリニックでは海外の難民の方の相談などを行っています。大学院にいたころから東北と縁があり、このプロジェクトを始め、様々なプロジェクトで支援・協力をしてきました。趣味は釣りで毎週のように釣りに出かけており、リアル「釣りバカ日誌」を体現しています。いつか東北ででかい魚を釣ることを夢描いています。

田口 圭子(たぐち けいこ)

高校卒業後、アメリカのカリフォルニア州に留学。大学、大学院で臨床心理学、発達心理学を学び帰国。浜松医科大学附属病院の精神神経科にて研修を受け、クリニック、学校、カウンセリングオフィス等で勤務。
2018年11月より日本に居住する海外の方へのカウンセリングを得意とする東京インターナショナルサイコセラピー(TIP)の二子玉川オフィスで臨床心理士として働いています。子供から大人まで幅広い年齢層の方に英語と日本語で、家族関係の問題、発達障害に関する問題、学校や職場での不適応、摂食障害とボディ・イメージの問題などに対して、カウンセリングを通じたご支援をしています。趣味はキャンプで、祖母から受け継いだ原野を開拓し、プライベートキャンプ場を作って楽しんでいます。こども達の力を信じて、こども達を支える人の支援活動を続けていきたいと思っています。

看護師・保健師

岡本 典子(おかもと みちこ)

現在は、静岡県の大学で看護の教員をしています(精神看護学担当)。人がこころやからだを大切にしながら生活をしていくことができるように、何か私ができることはあるだろうか?と考えながら活動に参加しています。

田辺 有理子(たなべ ゆりこ)

いまは、神奈川県の大学で教員をしています。専門は精神看護学で、こころの病気をもつ人への支援のほか、高齢者虐待防止、医療介護職のメンタルヘルスケアなどにかかわっています。
震災のときは岩手に住んでいました。悲しいこともありましたが、人に助けられ、支えられていることを実感しました。大好きな岩手のために何ができるのかを考えながら、活動に参加しています。大槌町の皆さんとお茶っこしながらおしゃべりでることを楽しみにしています。四季折々の海の幸や山の幸も。

精神保健福祉士

伊藤 亜希子(いとう あきこ) 地域連携マネージャー

こころがけの地域連携マネージャーとして、現地活動の窓口および活動のコーディネートを担っています。2012年4月より釜石に住み、こころのケア関連の事業に携わりながら、週末にこころがけのメンバーとともに活動しています。以前は長らく東京の精神科病院に勤務し、地域医療連携や、精神障害のある人の人権問題に関心を持ち活動してきました。精神障害者のある人の成年後見人も担っています。こころがけの活動が地域に根づくように、少しでも住民の方々や関係機関の皆さまのお役に立つよう、ネットワークを広げ、皆さまの声を集め活動に活かすことが役割と思っております。

これまでに活動を支援してくださった皆様

  • 田中 武(たなか たけし)
  • 山本 裕史(やまもと ひろし)
  • 渡 路子(わたり みちこ)
  • 日下 慶子(くさか けいこ)
  • 伊関 敏男(いせき としお)
  • 中田 信枝(なかた のぶえ) 
  • 加賀田 聡子(かがた さとこ)
  • 川堀 昌樹 (かわほり まさき)
  • 赤崎 美枝(あかさき みえ)